西部市場

 

概要

概要
 
区分 面積(㎡)
敷地面積 14,137
建物延面積 15,319
卸売場 921
仲卸売場
売荷保管所
1,224
駐車場
(うち建物部分)
3,3605
(-)
倉庫 476
 冷蔵庫 1,282 
 
 
区分 面積(㎡)
管理事務所
1,006
会議室 286
関係業者事務所 696
農水産物加工場
関連商品売場 150
食肉加工場 757
食肉センター
4,589
給排水処理その他施設 3,931
 
 

沿革

沿革
 
当市場は、大正9年(1920年)1月に市立神戸屠場として開場。
その後、昭和40年(1965年)5月からは、卸売市場法に基づき全国で7番目の中央卸売市場食肉市場として開場しました。以来、神戸市民をはじめとする全国の消費者の方へ安全・安心・高品質な食肉を安定供給するという役割を担ってきました。
当市場の特徴としては、西日本を中心に全国各地から銘柄和牛が集荷され、全国的にも珍しい黒毛和牛をメインにした市場となっています。中でも純粋血統を保持する兵庫県産黒毛和牛から生産される「神戸ビーフ」「但馬牛」は国内外問わずトップクラスの評価を得ている銘柄牛であり、西部市場がその大きな拠点となっております。また、豚は、等級が上クラスの割合が多く、「神戸ポーク」をはじめとする神戸近郊の高級な豚肉を出荷しています。
 
1920年1月 神戸市立と畜場開場
1960年12月~1963年9月 改築第1・2・3期工事着手
1964年12月 中央卸売市場食肉市場として農林大臣認可
1965年5月 神戸中央卸売市場食肉市場開設
1965年11月 神戸中央畜産荷受株式会社設立
1966年11月 神戸中央畜産荷受株式会社として農林大臣認可 卸売業務開始
1978年3月 食肉市場から西部市場へ名称変更(衛生局から経済局へ移管)
1989年 新西部市場整備基本構想
1991年 新西部市場建替整備基本計画
1992年 新西部市場建替整備実施計画
1993年 新西部市場建設工事着手
1996年 新西部市場本館完成
1998年 新西部市場建替完了
2014年 経営展望計画策定
2015年 開設50周年
 
 

アクセス

アクセス
 
神戸市営地下鉄海岸線苅藻駅下車。
地上に上がると交差点にでます。交差点を南に渡り、170mで西部市場です。
 
住所
〒653-0033
神戸市長田区苅藻通7-1-20
 
電話
078-671-1593
 
FAX
078-671-4411
 

パンフレット

パンフレット
西部市場パンフレット
   
西部市場パンフレット ( 2017-03-30 ・ 2063KB )
   
 
 
<<神戸市経済観光局中央卸売市場運営本部>> 〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館4階 TEL:078-984-0355 FAX:078-984-0354